50代のピアスデビュー。お洒落する気持ちをなくさないために

きみのやのオススメ
スポンサーリンク

 

私には、長年思い続けていたことがあります。

それは、

「ピアスをあけたい!」という気持ち。

50歳でいまさら??と思われるかもしれないけれど、

同じようにピアスに憧れている40代50代の女性って、

実は結構多いんじゃないかなと思います。

 

やってみたい!と思いながら、その一歩が踏み出せなかったピアス。

その後押しをしてくれたのは、

この、50歳という、年齢でした。

きみのや
きみのや

ドキドキ。

50歳でピアスをあけた理由

なぜこの歳になってピアスをあけようと思ったのか、

それはずばり、歳をとって老け込んでいく自分が嫌だったから。

もうこれは経験者はみんなうなずいてくれると思うんだけど、

40歳を過ぎたあたりから、

  • 化粧がうまくのらない
  • 顔がたるんでくる
  • 髪がぱさつく
  • 白髪が増える
  • シミやシワが増える
  • 口角が下がる
  • 服が似合わなくなってくる

こんなことが次々と起こるんです。

 

街を歩いていて鏡に写った自分の姿にショックを受ける、

写真に写った自分の顔を直視できない、なんて

もう、日常茶飯事です。

 

もちろん、パックをしたり美容液を塗ったり、がんばってみるものの、

だんだんと変わってしまった自分の顔を見るのが嫌になって、

ついには、あきらめの気持ちの方が勝ってしまいます。

こうなると老け込みのスピードは一気に加速!

無難な服に無難な髪型。お洒落心はどこへやら、、。

 

でも、そこで、思ったんです。

「だから、今こそ、ピアスがしたい!!」って。

 

顔がくすんできたのなら、ピアスで明るくすればいい!

女らしさがなくなったのも、ピアスで補えばいい!

それになにより、自分の気持ちが変わりそう。

前向きな気持ち、明るい表情、お洒落を楽しむ気持ち、

きっとピアスがそれを取り戻してくれる!

そう確信したのです。

ピアスの穴あけは、女医さんのいる皮膚科で

ピアスあけるぞと心を決めてから、

どこでピアス穴をあけるのがいいか、いろいろ調べてみました。

自分でも簡単にあけられるよーという人もいるみたいだけど、

私は安心してお任せできる皮膚科へ行くことに。

ということで、

美容系の診療項目がある、女医さんのいる皮膚科を選ぶことにしました。

(ピアス以外にも、相談できることがあるかもと思ったからです)

 

そして予約の日。

私としては、いよいよ、ついに、ピアスの穴を、あ、け、る、の、かーー。ブルブル( ゚д゚)

ぐらいに緊張して行ったのですが、

受付で看護師さんに、「今日やって帰る?」と聞かれてからのスピードは超早く、

先生の診察、説明のあと、すぐに冷却用の保冷剤と位置を示す黒ペンを渡されて、

自分であけたい位置に印つけ。

そのあと先生がやってきて、

「はい、あけますよー、カシャン!」

「こっちもあけますよー、カシャン!」

かかった時間、30秒ぐらい。

話には聞いてたけど、本当に一瞬のことで、

特に痛くもなく、違和感もなく、ついに念願のピアス穴があきました。

ついでにもみあげの医療脱毛もしてきました

さて、ピアスを楽しみたいと思った私に、ここでひとつ気がかりなことが。

それはもみあげの毛。

毛がね、多いんですよ、わたし。

多くて濃いんです。

ピアスの位置を決めるのに、鏡をみたら、

どうしても、この毛がお洒落さや女らしさを邪魔してる。

なので脱毛もやってもらいました。

皮膚科の医療レーザー脱毛です。

 

医療レーザーはエステの脱毛に比べて絶対的な効果があります。

(過去にいろんな種類の脱毛を経験した私の実感です)

かなり痛いのと、毛周期に合わせて何回も照射する必要はありますが、

確実に脱毛できるので、個人的にはおすすめです。

料金は一般的にはエステよりも高めですが、

もみあげは範囲がせまいからと、格安でしてもらえました。

 

ピアスを始めたい、でももみあげが濃くて似合わない、

私のように、そんな悩みを持っている人がいたら、

皮膚科でピアス穴をあけるときに、ぜひ勇気を出して脱毛の相談もしてみてください。

せっかく思い切ってピアスデビューするんだから、

より素敵に見えるように、プチ脱毛するのもいいと思います。^ – ^

あけた後の気持ちの変化

ピアス穴は、特に消毒をする必要もなく、

お風呂に入ったときにさっと洗う程度でいいそうです。

ファーストピアス(芯が太い医療用のもの)をつけたまま2ヶ月過ごし、

そこからようやく市販のものがつけられるようになるみたい。

わたしのファーストピアスは一番ちいさくて目立たないものにしました。

それにしても耳たぶがないわたし。

だから余計に、ピアスの輝きが必要だわと改めて思います。

そしてこんなに小さな輝きでも、なんだか頬がゆるんできます。

うまく言えないこの気持ち。

なんて言えばいいのか、とにかくとってもいい気分です。

自分の願いを叶えることも、自分に投資することも、すごく大事だなと実感してます。

 

ところですでに、私にはある人にプレゼントしてもらったピアスがあります。

昨年のクリスマス、娘のような存在の大学院生の女性からのプレゼント。

私に似合うと思って選んでくれたそうです。

そう、昨年から言ってたんですよね、ピアスしたいんだってこと。

50歳のピアス未経験のわたしが、24歳のピアス大好き女子に打ち明けたら、

「それ、すごくいいと思う!  絶対したらいいと思う!」って喜んでくれて、

プレゼントまでくれたんです。

ありがたいなぁ。

きっとこの、人に打ち明けて応援してもらったことも、大きな力になってますね。

 

ピアス穴をあけたことで、なんだかこれからの人生に楽しみが増えそうです。

 

歳だからと、何かをあきらめるのはもったいない!

いまからでも始められることはたくさんある!

そんな気持ちになれた、ピアスデビューでした。

コメント