【50代のブログデビュー】これまでの人生経験のすべてが宝物だと思えます

この記事では、50代でワードプレスでのブログを始めた私が、
ブログを始めてよかったなと思ったことをまとめたものになります。
収益をあげたり、集客するのとは違う、50代の今だからこそ感じる気持ちの変化。
それは自分のこれからの自分の生き方に、すごく良い影響を与えてくれています。

同世代の方や、これからブログを始めてみたいと思っている方に読んでもらって、
すこしでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

目次

【50代のブログデビュー】これまでの人生経験のすべてが宝物だと思えます

50代でブログを始めるなんて、ちょっといきなりどうしたん??
そう思われること、結構多いかもしれません。

「情報発信なんて若い人がやること、しかもパソコン使ってなにかをするのは得意な若い人に任せておけばいい。」

昭和→平成→令和へと、すさまじいスピードでデジタル化が進んだ今の社会に、ついてけない感のある50代以上の人たちには、少なからずそういう空気がありますからね。
実際わたしもよく言われました。
「へー、なんか、自分のこといろいろ書いて、すごいね、、」って。

でも、私は50代の人こそ、ブログを始める意味があると思っています。
なぜなら50代の人には、若い人に比べて圧倒的な人生経験があるから。
これはまぎれもない事実です。
人生経験は、唯一無二のその人だけの宝物。
失敗も後悔もひっくるめて、体験した人にしかわからないこと、たくさんあると思うんですよね。
仕事も恋愛も結婚も、たくさん悩んで選択してきて今があるわけで、
だからその中で感じたリアルな驚きや喜び、感情の揺れというのは、

どんなハウツー本にも載ってない、実に貴重な話ということ。

そしてこういった話は、誰にも話さないで自分の心の中にしまっておけば、辛かった経験、しんどかった経験のままだけど、
ブログに書くとなると、この経験が誰かの力になれるかもしれないって思えてきます。
自分がしてきた経験は無駄じゃなかった、むしろ、必要なことだったんだと思えるんです。


そしてそうやって自分のこれまでを振り返ることは、自分を自分で褒めてあげる、絶好の機会になります。
「わたし、すごい、がんばってきたな。」
そんなふうに自分を労ってあげることができると、途端に生きることが楽になってきます。
ブログにはそんな効果があるんじゃないかな。

私は現在51歳ですが、ブログがあるおかげで自分を冷静に見れるようになりました。
恥ずかしい話、自分のことをとっても不幸な悲劇のヒロインのように思っていたのが、
「あれ?意外といいんじゃない? 面白い人生やん!! それにいろいろ恵まれてたな。」なんて思えるように。
自分を自分で認めてあげられる、ブログにはそんな効果もあるのです。

【50代のブログデビュー】50代は転換期、誰もが生き方に悩む時

ところで、先日厚労省が発表した情報によれば、
2020年の日本人の平均寿命は、女性が87・74歳、男性が81・64歳とのこと。
平均でこれなので、90歳超え、100歳超えも珍しくない時代になってきました。
ということは、、
50代の私たちは、あと30年、もしかしたら40年ぐらい生きるということですね。

私は正直、

きみのや

あと30年がんばれるかなぁ。

という気持ちが大きいです。

きみのや

さー、あと30年なにしよっかなー、楽しみすぎるー!!

とは、なかなかなりません。笑

40代半ばから50代というのは、大人になってからのひとつの時代が区切りを迎える時期。
子育てが終わる人も、シングルの人も、親の介護をする人も、
自分の人生や生き方、暮らし方を、あらためて見直す、それが50代という世代です。

見直すというと優しすぎるかな。
ある日突然突きつけられる感じ、「さあ、あんた、これからどうするの??」って。笑

私は子供のいない夫婦二人暮らしですが、50代にかけて夫婦で経営していた飲食店を閉めたり、夫の仕事に合わせて田舎暮らしが始まったり、大きなできごとがいくつもありました。
仕事と行き場所がなくなって、外にぽーんと放り出されたような不安感が長く続き、気持ちだけが焦る毎日。
私は結局大したことなかった、特別ななにかになれなかった、そんな思いに囚われて苦しかったです。

加えて更年期のしんどさもあったと思います。
寒かったり暑かったり、だるくて1日横になっていたり、感情的になる自分を抑えられなかったり。

暮らしの変化も体の変化も、個人差はあるにせよ、同じように悩んでいる同世代の人って多いと思うんですよね。
で、最後につぶやくのです。
「わたしの人生ってなんなんやろ、、」

【50代のブログデビュー】ワードプレスでブログを始めて10ヶ月の私が、やってよかったと思った3つのこと

私はこれまで、gooブログ、はてなブログで日々のできごとを書いていたのを、10ヶ月前に有料のワードプレスに移行しました。WEBの知識がまるでなかったので、移行作業も初期設定も、ネットで見つけたプロのエンジニアさんに発注。そこから先の細かなデザイン変更、さまざまな設定の仕方はネット検索を繰り返して、見よう見まねでやってきました。
そんな私が、ワードプレスでブログを始めてよかったと思った3つのことを紹介します。

ブログを始めてよかったこと① 自分の人生の整理ができた

私がブログを始めた理由のひとつは、自分のこれまでの人生を整理したかったからでした。
一旦整理してスッキリしたら、何かが見えてくるんじゃないかと思ったのです。
これは部屋の片付けや断捨離をイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。


ものが溢れて散らかった部屋にいると、落ち着かないし、本当に大事なことが見えなくなります。
同じように人生も、納得しないまま、感情を散らかしたままでいると、次に進めない気がしてたんです。
ブログを始めたら、記事の他にも、自分のプロフィールやカテゴリー決めがあるので、自分と向き合うことの連続!
私はなにをしてきた人? 私はなにを伝えたいの? と、強制的に整理が進んだことが、とてもよかったです。

ブログを始めてよかったこと② 新しいチャレンジがしたいと思うようになった

そうしてある程度これまでの人生が整理できたら、
“これまでやりたくてやらなかったこと”が浮かび上がってきます。
本当はやってみたいのに、あれこれ理由をつけてやらなかったこと、我慢してきたことが浮き彫りになります。
そこで私はまず、ピアスをあけることに挑戦しました。
30年越しの、念願の、ピアスです!!

「新しいことにチャレンジしたら、それを記事にしよう!」
ブログに書きたいと思うその気持ちが、自分のチャレンジを後押ししてくれるのを実感しています。

ブログを始めてよかったこと③ 世の中の動きを知ることができた

3つ目は世の中の動きを知れたことです。
世の中には、こんなにも多くの人が個人ブログを開設していて、情報を発信していて、そこで経済が回っていて、コミュニケーションが生まれてる。
パソコンが得意不得意といった話をはるかに超えて、
エンジニアの知識と技術を持った人たちが、ネット社会をアップロードし続けている。


特に若い人たちが、しっかり自分を表現してて、世界観を作っていて、
これには本当にびっくりしたし、ものすごく刺激を受けました。

令和の時代の生き方をみんなよく知っているし、どんどん実践していっている。
昭和生まれの私からしたら、ついていけない話が多いけど、ただただ尊敬するしかありません。

もう自分は決して「あの頃はよかった」なんて言うまい!!!
時代に文句を言うヒマがあったら手を動かせ!!

そう思うことができて、すごくよかったと思います。

中年(老年)だからできること!

こんな感じで、ブログを始めてみたらよかったことがたくさんありました。
自分を認めること、大事にすること、そのことの重要性に気づけたのも本当によかったなと思っています。

50代で何かを始めるのは、決して遅くはありません。
何を始めたとしても、これまでの人生経験が必ず生きてくるはずだから。

人生経験は、中年(老年)の最大の武器!!!
使わないなんてもったいない!
どんな小さな出来事も、他の人からしてみたら、宝の山なのだから!

きみのや

私は宝物を持っている!
そう思えたら、生きるのが少し楽になりそうですね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる