生誕51周年! 自分の人生グラフを作ってみて思ったこと

本日わたくし、51歳になりました。

きみのや
きみのや

おめでとう!!

田舎に引きこもって猫を眺めて暮らしていても、

SNSで友人からメッセージが入って、嬉しこそばゆい朝を迎えています。

どこにいても誰かと繋がっている、ネット社会に感謝だわ。

そして夫の両親からも、実家の母と叔母からも、小包が届いて、ウハウハしております。

これでしばらく冷蔵庫もふところも、安泰ね。

本当にありがたい、、。

クロネコさんも、郵便局さんも、ありがとうございまする。

それにしても51歳っていう年齢の響きに驚いています。

なんかこう、胸にズドンとくる感じ。

40代はここまでズドンとこなかった。

それが50代になってから、ズドンの重みが増している。

人生が終盤にさしかかっていると、体が反応してるのか??

目次

人生グラフなるものを作ってみました

ふと思いました。

自分の人生をグラフにしてみたら面白いかもって。

よくテレビ番組で、波乱万丈な芸能人の人生をグラフにしている、ああいうやつ。

生まれてから今までの50年、わたしにはどんな浮沈みがあったんだろう、、。

ということで、出来上がったのが、これ。

縦軸は、上の方が嬉しい・喜び、下は辛い・苦しいを表しています。

横軸は年齢です。

赤い線にしてあるところは、人生の二大しんどい期です。

生まれてから5歳ぐらいまでは超ハッピーでした。

同居するおじいちゃんおばあちゃんがいて、すごく可愛がってもらってました。

家の中は安心して甘えられる場所、自分を自由に表現できる場所。

それが、病気で次々亡くなり、その後家の中は荒れに荒れていきます。

小学・中学・高校の12年間は、一番しんどかった時期です。

なんべんも地獄、みました、笑

いろいろネタになりそうな今なら笑えるエピソードもたくさんあるけれど、

※どんな子供時代だったかはこちらのプロフィールでも書いています。

<<https://daijyo-bu.com/self-introduction/

当時はただじっとすべてを受け入れるしかなくて、

よく頑張って生きてきたね。と、自分に言ってあげたいです。

きみのや
きみのや

えらかったよ!

その後の短大時代はワンレンボディコンピンヒールでバブルを謳歌。

卒業後就職、2年後に転職をしてグラフィックデザインの仕事を始めます。

手術とあるのは、スキーで怪我をした膝の靭帯の手術と、卵巣嚢腫、鼠蹊ヘルニアの手術です。

会社を変わったり、それなりに波乱だけど仕事はまあ順調でした。

収入も十分すぎるほど増えていたし。

ただ、

ただ、

恋愛は、どうにもならなかったです。ろくなもんじゃなかったです。

人と心を通わせるとか、無理でした。

それが35歳で流れにのみこまれるように(笑)結婚!

夫がカフェを始めたので、新婚の浮かれ気分は微塵もなく、そのまま怒涛のカフェ人生がスタート。

借金、閉店、移転開業、働けど、働けど、我が暮らし、楽にならず。

体も壊し、精神不安、過呼吸に味覚障害、そして年齢的に子供の悩みも。

人生二度目の試練の時期でした。

そして月日は流れ、昨年から街と田舎の二拠点生活に。

猫を眺めて、風に吹かれて、自然の中にいる。

これまでの人生で、いちばん穏やかで健康的な毎日を送っています。

この先はできれば80歳ぐらいまで、暮らしを楽しみながら、生きていけたらいいなぁ。

人生を振り返ってみて思ったこと

頭の中でわかっているようなことも、

グラフにして可視化すると改めて冷静に見つめることができます。

このグラフを眺めて思ったのはこんなこと。

①もうしんどいことはやり尽くしたな。

②わたし結構強い人間かも。

③どんなにしんどいことも、いつかは終わるんだね。

④沈んだら、次は必ず上がる。

⑤しんどい経験が、ぜんぶ自分の財産になってる!

もし、人生にはいいことと悪いことが半分づつあるんだとしたら、

わたしの残りの人生、後はいいことしかないんじゃない??って気もして、

もはや明るい希望の光しか見えない。

きみのや
きみのや

その通り!

もちろん、ただ良いと悪いに分けられるものではないし、

悪いことにも必ず意味があるって思います。

何か大事なものを得るために、必要な経験を積んだだけ。

そう思えば、

最近どんどんシワっぽくなってきた自分の手だって、愛おしいというものよね。

苦労した手、かっこいいよ!

なんか母親の手に似てきたなぁ、、。

51歳なりの暴走を始めよう

こんなグラフ作ってどうするねん!という気持ちもあったけど、

結果、やってみてとてもよかったです。

勢いとチャレンジ精神で生きていた若い時とは違って、

この50代という年齢は、

これまでの人生経験を時々振り返りながら自分を生きていくのに、ちょうどいい年齢な気がします。

諦めるでもなく、枯れるでもなく、

まだまだ現役なんだけど、心は穏やか。

歳をとるのは、いいことだなぁ。

今年はピアスを開けることからスタートしたわたし。

まだいろんなことを企んでいます。

静かに、小さな幸せのための暴走を始めようと思います。

きみのや
きみのや

これからもよろしくです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!管理人のきみのやです。
35歳で結婚後、夫婦で神戸・岡本でオーガニックカフェを11年間経営→現在51歳で田舎の古民家と街の二拠点生活をしています(夫婦+猫一匹)。他人の気持ちに敏感すぎて人付き合いが苦手、ずっと生きづらさを抱えていましたが、料理とモノづくりに救われて生きてきました。田舎暮らしの日常と、私なりの幸せに生きる方法を綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる