管理人の“きみのや”のプロフィール。(更新しました)

初めまして。
みなさんこんにちは!
「料理も縫い物も、なんでもできてすごいね〜〜」とよく言われるけれど、
人生のかなりの時間を“他人の気持ちを考えて思い悩むこと”に費やしている、きみのやと申します。

関西在住の現在52歳、夫と二人+猫一匹で里山と街の二拠点暮らし。
46歳の頃、11年続けた仕事(夫が経営していたカフェの運営、調理全般)をやめてから、
今後自分の人生をどうしていきたいのか、まるでわからなくなってしまい、
いろいろなことを試して散々悩んでたどり着いた答えは、
これまでの自分の経験が、悩める誰かの役に立つかもしれない。ということでした。

親との関係に悩んだり、いつも誰かの反応を気にしてビクビクしていたり、
自分の意見がなかったりする自分のことを、どこか欠陥人間みたいに思っていた時期もあったけれど、
歳を重ねて一周回って、そんな自分の人生にも毎日の暮らしにも、
実はとってもたくさんの幸せがあるんだってことに、気づけるようになりました。

このブログには、すべて私の嘘偽りのない、暮らしや気持ち、良いなと思ったことを綴っています。
ここにある、そのすべてが私そのもの。
時にはへぇーとうなずいたり、時にはクスッと笑ったり、そんな感じでご覧いただけたらとても嬉しいです。

きみのや

どうぞよろしくです。

目次

生きづらさと向き合い続けた人生でした。

これまでの人生で、いつも胸の奥に抱えていたもの。
それはズバリ、「生きづらさ」でした。

人と会話すること、コミュニケーションをとることが極端に苦手だったので、
周りの人が、人と上手に喋ったり、友達を作ったり、好きなことに打ち込む姿を見ては、
「あの人たちと自分は、なにかが決定的に違うんだ」
「自分は人として大事なことが足りてない、欠陥人間なんだ」という気持ちがいつもありました。


そんなふうに育った理由としては、ちょっと特殊な家庭環境に育ったことが影響しています。

特殊と言うのは、両親が結婚していなかったこと、父には正式な家庭があったこと、母が夜働いて家族を養っていたことなどがあります。私の子供時代の昭和50年代には、そういった家庭はまだまだ少なかったから。
母はそんな家族のあり方を、恥ずべきものと思っていたようで、
家の中のことは一切外に知られないように、隠すことが暗黙のルールになっていました。


そんな中育ったもんだから、私は無口な子になり、
どんな時も感情にフタをして、親の顔色を伺って、寂しいことも辛い出来事も誰にも言わずに大人になったんです。

なので、人間関係の作り方が本当にわからなくて、恋愛もまともにできませんでした。
生きていることが辛くてどうしようもないときもありましたが、
結婚して実家を離れ、ずっと心に溜めてきた感情をすべて母親に伝えたことで、かなり気持ちがラクになりました。 

52歳になった今も、人の顔色を伺ったり、自分よりも人のために生きたり、他人と上手に会話できなかったりすることはあるけれど、そこに以前のような苦しさや焦りはもうありません。
不思議なことに、どんな経験も、私にしかできなかった宝物、財産だ!ぐらいに思えるようになってきたから。

親との関係だけでなく、結婚してからもまた苦労があって、それはそれは毎日荒波の連続だったけど、
どんな状況でも、
命までは取られんし!!
どん底はいつまでも続かんし!!
大丈夫大丈夫!!
と、思えるようになりました。(強なった!)

そんな私の好きなもの、得意なこと、苦手なこと

ところで、私はもともと大阪生まれの大阪育ちです。なので中身はこってこての大阪人。
だから最後に笑ってナンボ!みたいな気質があるのかも。
現在はきれいな神戸の住宅地で、こってこてを隠しながら暮らしています。笑
(2年前からは丹波篠山と神戸で二拠点暮らしをしています。)
自己紹介がてら、好きなものなどをならべてみますね。

好きなもの!

・人の人生が良い方に動き出す瞬間を見ること。
・ドキュメンタリー番組。
・無防備に生きてる人。
・藤井隆さん、島田珠代ちゃん、元PLの桑田投手、ガンバレルーヤ、阿佐谷姉妹。
・土いじり、庭いじり、陶芸。
・古布でなにかを作ること。
・料理して一番美味しい出来立てをつまみ食いすること。
・デザインすること。
・昭和時代
・皿うどん
・ねこのほわほわの毛

・ひなたぼっこ

・ドクダミ、ホトトギスの花

リアルな人の人生が動く瞬間がめちゃめちゃ好きです。
だから子供の頃から好きな番組は、ご対面ものとか、ドキュメンタリーとか。笑
あと誰も傷つけない笑いが好き。見てて元気になれるから。
桑田投手は私にとっては神。高校野球の時からずっと応援してる。

得意なこと!

・なんでも手作りすること。
・デザインすること。
・あるもので工夫すること。
・おいしいごはんを作ること。
・オリジナルの変な歌と踊りを作ること。

・どんなことも、ポジティブに考えること。
・ダラダラゴロゴロすること

子供の頃から勉強は苦手で、好きな教科は図画工作でした。
そこへもって、ものを買ってもらえない家だったので、
明日の遠足に持っていくカバンがない!的な切羽詰まった状況を自分ひとりでなんとかするという、
必要に迫られて「今ある材料で自分で作る!」というスキルが鍛えられたように思います。

ま、結局ものづくりが大好きなんですけれど。^^;
DNA的にも、私の祖父は九州の山奥で紙すきをしていた人で、その後鍛冶屋のような仕事もしていたり、
祖母は着物でもなんでも手作りする人だったみたいなので。
親の代をすっとばして、そういったクリエイティブな要素が私に引き継がれたのかなと思っています。

苦手なこと!

・大勢での集まり。
・音。(電気の作動音とかガラスの割れる音、銃声、激しめのロック音楽)
・人の目を見ること。
・世の中のルールに従うこと。
・勉強。

簡単に言ってしまえば、HSP気質。
繊細さんってやつですね。
そしてアマノジャク。
感覚だけで生きてます。

田舎の古民家と街のマンションの二拠点暮らしをしています

2年前から、夫の仕事の都合もあって、田舎の山付き古民家と、神戸のマンションの二拠点暮らしをしています。
ちょうどコロナが広がった時期ってのもあり、約2年間ほぼ田舎の自然の暮らしっていうものを経験したんですが、
最近また神戸メインの暮らしに戻りました。

田舎には田舎の、街には街の良さがある。
当たり前のことだけど、田舎に実際に暮らしてみてたくさんのことがわかりました。
どれぐらいムカデがでるかとか、ヘビが出るかとか、猿が出るかとか、カメムシが出るかとか、、、笑
あと、経験したことのない冬の寒さと、暖房費のすごさとか、、、笑笑
というのもあるけれど、
やっぱり自然の近くに暮らすことはほんっとうに豊かだな、とつくづく実感しています。
食べ物も、空気も、最高で。

なのですが、仕事に出やすかったり、人と会いやすく、自分の足でどこにでも出かけられる街の暮らしも大好き。

これからも二拠点暮らしが続いていく予定です。

猫のように生きたい

田舎の家で暮らしていた時に、一匹の猫との出会いがありました。
山の野良猫、他の猫にいじめられていたらしい、ちっちゃくてまっしろな野良猫。
我が家の庭によく来るようになり、そのまま縁台の下で暮らすようになって、
一年後に保護して家に迎えることとなりました。
名前は“はいちゃん”といいます。
初めはシロちゃんって呼んでたんだけど、野良猫時代久しぶりに会ったら薄汚れて灰色になっていたから。
汚れた体で、鼻炎でいつも鼻水垂らしてて、目も涙でぐしょぐしょで、
昔事故にでもあったのか、下顎がめくれてたりもするんだけど、
いちにちいちにちを精一杯生きている。
その姿を見ているだけで、感動して涙がでてきます。
カッコつけずに、むしろ、カッコ悪く、生きてやれ!そんなふうに思わされます。

食べて、寝て、うんこして。
それでいい。こんなにシンプルでいいんだよって、猫が教えてくれています。

自分を信じて行動するのみ

私にとってのブログは、日記でもあり、頭の整理でもあり、
なによりも「私はそのままの私でいていいんだ」と確認する場でもあります。
自分の内面を表現する練習にもなっているかもしれません。
「話すのが苦手だからブログの力を借りている」とも言えるかな。
作品を作るような感覚でなら、あまりプレッシャーを感じずに、楽しんでできるので。

そしてそんな私の発信が、きっとどこかの誰かのためになると、信じたいと思います。
わたしのブログを見てくれた人が、ああ、これでだいじょうぶなんだ、明日からまたがんばってみようと、
すこしでも前向きな気持ちになってくれたらいいなと、心から祈っています。
日々の暮らしの雑記が中心ですが、少しでも誰かの役にたてたなら嬉しい。
そんな思いで、これからも自分を表現していこうと思っています。

きみのや

お読みくださりありがとうございました☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • はじめまして。携帯の何を触ったのか朝起きたらこのぺーが出ていました。

    読みきってしまいなんだか涙が出ました。
    そして「てん」という絵本を思い出しました。
    いろんな悩みって「これでいいんだ、、、」そう思えることで解決する事がたくさんあるなーと思います。

    「これでいいんだ、、、」の中には
    硬い言葉で言うと「認知」とか「許可」とか含まれててそれって
    言葉の通り「許し」を感じ自分を解放してあげれて結局「愛」なんだなー、、、と。この絵本を初めて読んだときに心の底からそう感じだんですがそれを思い出しました。
    そして陶芸、すてきですね。

    • 直子様
      コメントいただきありがとうございます。
      そして、いただいていることに気づかぬまま、約2ヶ月も経ってしまっていたこと、本当にごめんなさい。
      わたしの発信が、こうして誰かのもとに届いたこと、心から嬉しく思います。
      悩みと愛はいつもつながっている気がします。悩みのもとにあるのも悩みを解決するのも同じ愛なんだけど、捉え方ひとつで苦しんだり喜んだり。
      生きるってなかなかの修行ですね。
      なんということのない日常を綴っているブログですが、またよかったらご訪問ください。
      ありがとうございました。^ – ^

コメントする

目次
閉じる