【美味しい豚汁の作り方】大好きな人に作ってあげたい!誰に出しても絶賛される味の秘密

自分で言うのもなんですが、わたしの豚汁、とっても美味しいんです。

どんなところが美味しいかと言うと、

コクがあって、でも優しくて、野菜が甘くて、元気が出る味!

家ではもちろん、人が集まるときに作って出すと、

「これ、なんでこんなに美味しいの?」と、ものすごく喜ばれます。

この記事では、その豚汁の美味しさの秘密をお伝えします。

美味しい豚汁は、人を笑顔にします!

美味しい豚汁は、心も体も元気になります!

美味しい豚汁、大好きな人に、ぜひ作ってあげてください。

記事の最後に分量とレシピをまとめています☆

目次

【美味しい豚汁の作り方】その① 厚めに切った良質な豚バラ肉を使う

豚汁に欠かせないのが豚肉です。


豚肉を買う時は、ロースやモモなどいろんな種類の豚肉があって迷うところですが、
豚汁には迷わずバラ肉を使うことをオススメします。
なぜなら、
脂の旨味が出汁に加わることで、美味しさもコクも格段にアップするから!!
脂はできるだけ控えたいのよね、、という方も多いと思いますが、

きみのや

豚汁の美味しさは、良い豚肉の、良い脂にかかっている!!

といっても過言ではないのです。
ロース肉やもも肉では、肉肉しさが勝ってしまうので、できるだけ豚バラ肉を使ってください。
それもできるだけ良質な国産の豚バラ肉を。
そして可能なら、豚バラのブロック肉を自分で切って使ってみてください。
スライスするなんて難しそうに感じるかもしれないけれど、豚肉は厚かったり薄かったり、切り方にムラがある方が美味しいんです。私はブロック肉が特価のときに買って、自分でスライスして小分け冷凍しています。豚汁はもちろん、炒め物に使っても、びっくりするぐらい料理が美味しくなりますよ!
手切りの美味しさ、試す価値アリです!!


※豚汁に使う肉の量はおわん6杯分で80グラム程度。国産肉を選んでも、お値段は200円〜250円ぐらいです。^ – ^

【美味しい豚汁の作り方】その② 出汁の出る野菜を入れる

次に豚肉以外の具を決めていきます。
豚汁の美味しさは、豚の脂の旨味と、野菜から出た出汁の旨味が合わさるところにありますので、
出汁の出る野菜を入れると美味しくなります。
私がよく作る豚汁の具材は、

  • 大根
  • 人参
  • さつまいも
  • こんにゃく
  • とうふ
  • ねぎ

この中でダシがでるのは、大根と人参ですね。
野菜の種類は多すぎても少なすぎてもいけません。大体4〜5種類ぐらい+お豆腐orおあげ。
お豆腐やこんにゃくなどは、栄養バランスがよくなるのと、食べていて食べ飽きない豚汁にするために入れます。

あとは野菜の味を想像しながらバランスを考えて。
さつまいもを入れるなら香りの強いゴボウはやめる、ごぼうを入れるなら相性の良いネギの量を増やすという具合に、バランスよく具材を決めていきます。

この他に豚汁によく合うのは、

里芋・じゃがいも・かぼちゃ・ごぼう・レンコン・うすあげなど。

好みに合わせて、いろいろな組み合わせで試してみてください!

【美味しい豚汁の作り方】その③ ニンニクと生姜を入れる

では作り方のコツを紹介していきます。

わたしの豚汁に欠かせないのが、ニンニクと生姜

初めに油で炒めて香りを出すことで、一気に味に広がりが出てきます。

油少々とニンニクスライス、生姜を入れて、中火の弱火にかけます。

ニンニクは薄切りに、生姜は千切りにしたものを使います。

※生姜はスライスしたものや厚めに切ったものだと、口に入った時に辛味が勝ってしまうので、わたしは千切りにして使っています。千切りなら、生姜の香りもしっかり分かるし、口に入っても違和感がないですからね!

【美味しい豚汁の作り方】その④ 豚肉を炒める時に塩胡椒する

ニンニクと生姜が炒まってきたら、食べやすい大きさに切った豚肉を入れます。

火力は中火にします!(少し焼き色がつくぐらい)

そして大事なポイントがこれ!!

肉に塩胡椒します!

塩胡椒した肉を、焼きつけるということが大事です。

この塩胡椒で、肉の臭みが消えて下味がつきます。さらに肉が焼けた香ばしさが旨味になっていきます。

【美味しい豚汁の作り方】その⑤ 野菜も炒めて旨味を逃さない

肉が炒まったら、野菜を入れてさらに炒めますが、

このときに大事なのは、旨味を逃さない!ということ。

全体的に油でコーティングされた状態にします。

この一手間で、旨味が抜けず、煮崩れも防いでくれます。

このあと水(出汁)を加えてアクをとりながら、野菜が柔らかくなるまで煮ます。

豆腐やネギは後で入れるので、別にしておきましょう。

【美味しい豚汁の作り方】その⑥ 味噌の量は控えめにしてダシの旨みを活かす

ここまできたら、一度スープの味見をしてください。

もうすでに、豚肉と野菜、ニンニク生姜、根菜の旨味が詰まった、美味しいスープになっていると思います。

味噌汁や豚汁は、味噌で味をつけると思われがちですが、

出汁が美味しければ、味噌は仕上げの香り付け程度で十分です。

(肉には塩胡椒もしてありますしね!)

最後にネギの香りや、七味なども加わるので、

お味噌の量は、ちょっと薄いかな、、ぐらいで仕上げると、ちょうど良い加減になりますよ。

まとめ:美味しい豚汁のレシピ

では、材料と作り方のまとめを。

豚汁の作り方(おわん6杯ぶん)

材料
◎豚バラ肉…80グラム
◎大根と人参(いちょう切り)…合わせて2カップぶんぐらい
◎さつまいも(厚めの半月切り)…適量
◎豆腐…半丁
◎こんにゃく…ちぎって茹でてアク抜きしておく
◎ねぎ(斜め切り)…適量
◎出汁または、だしの素と水…800cc
◎v味噌…大さじ4強(味を見て調整してください)
◎仕上げの七味

作り方
①鍋に油少々を入れ、ニンニクと生姜を炒める。
②肉を加え、塩胡椒して炒める。
③大根と人参、さつまいもを加え炒め合わす。
④出汁または、水とだしの素、こんにゃくを入れ、アクを取りながら煮る。
⑤豆腐とねぎを加えて、味噌を入れて仕上げる。
⑥好みで七味をかけてください。


具沢山の豚汁は、栄養たっぷり!!
紹介したいくつかのコツを参考に、美味しい豚汁を作ってみてくださいね!

きみのや

これであなたも豚汁上手!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!管理人のきみのやです。
35歳で結婚後、夫婦で神戸・岡本でオーガニックカフェを11年間経営→現在51歳で田舎の古民家と街の二拠点生活をしています(夫婦+猫一匹)。他人の気持ちに敏感すぎて人付き合いが苦手、ずっと生きづらさを抱えていましたが、料理とモノづくりに救われて生きてきました。田舎暮らしの日常と、私なりの幸せに生きる方法を綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる