茅葺古民家でぼたん鍋を食べながら、51歳の抱負を語ってきました

わたしたち夫婦には、結婚以来ずっと続けていることがあります。

それは、

誕生日や結婚記念日には必ず美味しいものを食べて乾杯すること。

どんなに貧乏してるときでも、

どんなに喧嘩してるときでも、

必ず美味しいごはんと美味しいお酒で節目をむかえて、

これからの抱負を話すようにしてます。

もはや儀式??ぐらいに忠実に、

今年も美味しいもの、食べに行ってきました。

きみのや
きみのや

レッツゴー!

目次

丹波篠山の囲炉裏料理「いわや」で絶品ぼたん鍋!

さて向かったのは丹波篠山にある囲炉裏料理の「いわや」さん。

農地がひろがる里山をずんずん進んで行ったその先にあるお店です。

渋い!なんと、茅葺屋根ですね!

ただならぬ佇まいです。

そして平日の昼間にもかかわらず、すごい数のお客さん。

駐車場はこの下の敷地にもありました。

どーん。

この写真だとわかりづらいけど、実は二階建てのすごく大きな建物です。

消毒と検温をすまして店内へ。

通されたのは、窓際の見晴らしの良い囲炉裏。

予約していたぼたん鍋の用意が整っていました。

炭がいい具合。鍋の中のお出汁もすでにアツアツです。

猪肉!!

なんと美しい!!ほんと、牡丹みたいだなー。

猪肉は煮込めば煮込むほど柔らかく、美味しくなります。

なので、まずは肉を全部いれて、あとから野菜方式ですね。

蓋をしてしばし煮込むと、、、

できました!

他の具は、白菜、大根、山の芋、こんにゃく、しめじ、黒豆豆腐が入っています。

器に装って粉山椒をぱらりとかけて、いただきます。

はぁぁぁぁあーーーーー、美味しい!

お肉柔らかくて、でも噛みごたえがあって、旨味たっぷりで脂が甘い!

味噌味の出汁がまた最高にいい味で、まったく濃くなくて、

肉も、野菜も、汁を飲みながら食べました。

そして締めは、たまごと白ごはん! たまごもお米も、自家製だそうです。

(卵にはにわとりの毛がついてましたよ。産みたて??(^^;)

残った汁に卵をおとして、蓋をして2分。

半熟になった卵をごはんにかけて、つぶしながら食べます。

たまご、濃い! 出汁とからんで、超美味しい!!

小皿にのった白菜の漬物とふきのとうみそもなんだか特別な味がしました。

なんでしょう、この美味しさは。

料理はもちろん、景色も建物も、お店の方の雰囲気も、

ぜんぶがぜんぶ、美味しさになってる気がします。

お腹いっぱい、大満足、幸せな、贅沢ごはん。

きみのや
きみのや

ごちそうさまでした!

「いわや」さんでは、ぼたん鍋の他にも、バーベキューやすき焼き、一品料理も揃っています。

お店周辺にはたくさんの梅の木と紫陽花が植えられていて、

季節が変わるごとに、違った景色を楽しめそうです。

抜群のロケーションなので、自然に触れたい人には特におすすめ!

早くも梅の花が咲いてました!

51歳の今年はどんな年にしたい?

ということで、

絶品ぼたん鍋を食べながら、抱負を語ってみました。

わたしの51歳の抱負は、

「やりたいと思ってやらなかったことをやる。」

「欲しいと思ってるのに買わなかったものを買う。」

この二つです。

これまでの人生、ずーっとこの二つのことができずにきました。

やりたいけど、できない。

欲しいけど、買えない。

全てにおいて、この思い込みにガチガチに縛られてた気がします。

この思い込みの根っこには、

被害者意識と、本題から逃げる癖があります。

自分以外の誰かのせいにしてるもんね、完璧に。

今ならわかるんですよ。

やればいいのに、買えばいいのにって。

やりたいことをやらないのは、評価されるのが怖いから、

欲しいものを買わないのは、お金がないとアピールしたいから。

ただそれだけ。

きみのや
きみのや

そんなん誰のためにもならんわ!

動く前からなんだかんだ言い訳を探すの、かっこ悪い、、。

今、このぼたん鍋に誓います!

やりたいことは、やる!

ほしいものは、手に入れる!

それができたら、

またここにぼたん鍋食べにこよう〜〜。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

管理人のきみのやです。他人の気持ちに敏感すぎて人付き合いが苦手、人生思い悩んでばかりですが、料理とモノづくりに救われて生きてきました。
OL→フリーター→グラフィックデザイナー→結婚→夫とオーガニックカフェ経営→現在50歳で里山と街の二拠点生活中。
私の経験が、少しでも誰かの元気の素になりますように。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる