【庭猫の保護】術後一週間、はいちゃん家猫になるか!?

術後一週間が経ちました。
はいちゃんはおとなしく、
部屋の中でリラックス〜〜して過ごしていたのですが、
昨日からめちゃめちゃ元気になってきて、
外に出たいアピールがすごいことに!!

窓辺でまったりくつろいでいたのは幻だったのか??

目次

外に出たい一心です

はい、元気になった途端こんなかんじです。(^^;

網戸を登っていって、爪引っかかって降りられなくなって固まってます。
もうほんまに、アホかわいい、、、。
だけどこうなってくると、窓はあけておけません。
網戸もガラス戸も、頭で押して、こじ開けようとします。

おとといはこんな風に、窓辺で風を感じながらリラックスしてたのに、、、。
元気になってきたのは嬉しいけども、
いろいろ対策が必要になってきました。

このまま家で暮らしてもらうなら、外には絶対に出さないのが鉄則らしい。
元野良猫を家猫にするときは、
初めはにゃーにゃー鳴くけど次第に落ち着くそうなので、
1ヶ月か2ヶ月か、もしかしたら半年かかるかしれんけど、
人間もじっとこらえるのが大事なんだって。(脱走の可能性はずっとあるけど)

とはいえね、
元野良猫、しかも自然の中を自由に歩き回ってたわけなので、
外にも自分のテリトリーがあるし、外の全てが恋しいはず。

だから、もし家猫にするなら、
家の中に外のような楽しみを作ってあげるのがいいんだと思います。
風とか緑の匂いとかが感じられるような、眺めのいい日なたに、
木と植物を置いて、運動できるような段差のあるタワーを置いて、
ゆっくりくつろげるベッドと、清潔なおトイレも置いて、

はいちゃん

ここはアタシのテリトリーよ!

そんなふうに安心して過ごせる場所を、用意してあげないとな。

外のハウスを片付けてみたら、、、

これまではいちゃんが寝泊まりしていた、縁台下のハウスを片付けることにしました。

初めはハウスを置いてるだけだったのが、
猿事件(↓)があったりして壁が増えて、いつの間にか要塞のようになってた。^^;

縁台をどけて全部出します。
雨風はしのげただろうけど、よくこんな埃っぽいところでがんばってたな。
ハウスを解体してみたら、すきまからいろんな虫がでてきました、、。
そして断熱材も、毛布も、板も、はいちゃんの血の混じった鼻水だらけだった。
(くしゃみのしすぎで鼻が切れてたのです)

きみのや

いくら寝床があっても過酷だったね。

ちなみに今は、
涙も、めやにも、鼻水も、びっくりするぐらい減ってます。(*_*)

猫グッズをポチり始める

ある動画で猫飼いさんが言ってました。
「猫は飼うんじゃない、人間が猫に飼われるんだ!!」
まさにそれ。
アマゾンで猫グッズを検索し出したら、もう終わり。
これ喜んでくれるかなー、これもあったら楽しいよねーと、
楽しい妄想が広がりまくりです。
ポチりポチり、ポチっていって、
合計金額見て焦る!削除!!で、また見るの繰り返し。
落ち着け自分!
まずはトイレだけでいいんじゃないか??

家猫になる?なれる?

昼間は外に出たくてにゃーにゃーないて、
私の顔を見ては必死になにかを訴えかけてくるけども、
ある程度なくと定位置に戻って寝始めます。(ふて寝?)
夜泣きも昨日からなくなりました。
このままはいちゃんは家猫になれるんでしょうか。

猫を飼うってことは、責任持ってさいごまで一緒に暮らすってこと。
そのためには時間もお金もかかってくる。
そして旅行とかは、行けなくなる。
お正月だって、何日も家あけるとかできないよな。

みんなどうしてるんだろか。
わからなすぎて、不安があります。
賃貸の家で猫を飼ってる人、
猫がいるけど旅行したことのある人、
獣医さんの話、
普段の猫のケアの話、
いろいろ知りたい。

アドバイス、求むです!!

はいちゃん

一緒にいてよー









この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

管理人のきみのやです。他人の気持ちに敏感すぎて人付き合いが苦手、人生思い悩んでばかりですが、料理とモノづくりに救われて生きてきました。
OL→フリーター→グラフィックデザイナー→結婚→夫とオーガニックカフェ経営→現在50歳で里山と街の二拠点生活中。
私の経験が、少しでも誰かの元気の素になりますように。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる