【庭猫の保護】術後10日目、家猫トライアル続いてます

はやいもので、はいちゃんの避妊手術から10日経ちました。
もうすっかり元気そうで、
今は家の中を自由に歩き回っています。
対してわたしはまだまだ気持ちが定まらず、
罪悪感と自己嫌悪に続いて、家猫にするってことのプレッシャーで、
ものすごいしんどくなってました。

きみのや

深刻に考えすぎやでー、自分

目次

はいちゃんの変化

これまで家の中で、決してごろんとお腹を見せなかったはいちゃんが、
昨日から急にごろごろ転がり始めました。笑
縁側に作ったはいちゃん部屋で、太陽の日差しに当たったのが気持ち良かったのかも。

はいちゃん

もふもふしてーー

カーテン引きちぎりも、網戸よじ登りもなく、スリスリしてきます。
太陽のチカラすごいな。
この様子だと、ほんとに家猫になれるかもよ。

わたしの変化

実は人間の方がダメダメでして、
わたしはずっと気持ちが揺れたままでいました。
避妊手術のあれこれの自己嫌悪と罪悪感もまだずっと心にあって、
そこに「家で猫を飼う」ことのプレッシャーがずん!!とのしかかってきて、
“情緒不安定なすぐ泣くおばさん”と化しておりました。

(おまけに夫は5日間留守だったー(T . T))

ある日、なにがそんなに悲しいのかと友達に聞かれて、改めて冷静に考えてみたら、
「生き物とどう接していいかわからない」
「自分の人生もちゃんとできてないのに、猫にこれからの時間をとられるのが不安」
っていう正直な思いが出てきました。

これ、今思えば、ネット検索をし過ぎたことが大きな原因だったんですよね。
ネット上の情報って、
人を不安にさせることがめちゃめちゃ多くて、
例えば、エサの量、遊び方、揃えるべきもの、こんな症状は注意!みたいな、
ありとあらゆる正論(のようなもの)が上がってて、
見てるうちに、
「それらを全てちゃんとしないと、だめですよ!!」って、
「それをしないのは、虐待ですよ!!」って、言われてる気になってたんです。
もちろん本当にそういう部分もあるだろうけど。
私みたいに完璧主義の真面目すぎる人間は、まともに受けちゃって、

きみのや

自分にはとてもできない!!

って、しんどくなってたんです。

でも、友人に聞いた話だと、
猫は猫でやっていく、らしい。
犬と違って、気ままで自由な生き物だから、基本ほっといたらいいんだってね。
友人の家の猫は、あるとき油をふきとったキッチンペーパーを飲み込んだけど、
次の日におっきいうんちとともに出てきたらしい。
お父さんはえさを山盛りあげるらしい。
また別の友人は、マンションで野良猫9匹飼ってたとか、、。
みんな超たくましい。
自分の判断で、飼ってるんだよな。

わたしがあかんのはそこやな。
正しさを求めすぎ、、、。
猫のことかわいくて大好きって思えたら、
なにがどうなっても正しいはずやのに〜。


そんなこんなで、友人の言葉に助けられ、
今は距離を置いて猫のことを見れるようになりました。

外に出たい気持ちをどうする??

縁側でくつろぎながらも、
車の音には超敏感に反応するはいちゃん。

野良猫だけに、危機察知能力が高そうね。
これは想像だけど、
はいちゃんの尻尾がぺったんこなのは、車にひかれたことがあるからなんじゃないかな。

いくら縁側でまったりできるとはいえ、
外への欲求はとまりません。
当然よね。元野良猫なんだから。
草の匂いとか、嗅ぎたいはずだしね。

つぎの課題は、外へ出すか、出さないかだなー。

きみのや

ハーネスつけてみる??


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!管理人のきみのやです。
35歳で結婚後、夫婦で神戸・岡本でオーガニックカフェを11年間経営→現在51歳で田舎の古民家と街の二拠点生活をしています(夫婦+猫一匹)。他人の気持ちに敏感すぎて人付き合いが苦手、ずっと生きづらさを抱えていましたが、料理とモノづくりに救われて生きてきました。田舎暮らしの日常と、私なりの幸せに生きる方法を綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる