はいちゃんの居場所作り、猫おばさん特製ベッドは使ってもらえるのか!?

猫のはいちゃんが家の中で暮らすようになって3ヶ月半。
最近私が近寄ると、ぴゅーーーっとハウスに入ってしまいます。泣
目やにふこうとしたり、爪切ろうとしたり、嫌なことするヤツと認識されてしまったっぽい。

対して夫が近寄るとすりすりしてごろんと寝転ぶ。そのあともふもふタイムが始まって、なんかちょっと仲良さげ。
周りの空気がパステルカラーです。
地味にショックを受ける猫おばさん。
こうなったらモノで釣るしかありません。
今日ははいちゃんのためにベッド作りに挑戦しました。

はいちゃん

がんばるがよいー!!

目次

フラワースタンドで作る猫用ベッド

ベッドの土台に使うのは、使わずに放置していた園芸用のフラワースタンド。

まずはスプレー式のラッカー塗料できれいにします。

乾かしている間に、クッションの準備。

木綿わたはこの家にあったのを拝借。ふわっふわで気持ちいいわたです。うすく割いて重ねながらまーるく整えていきます。

丸く切った布のまわりをぐるりと縫って裏返し、(人差し指は猫のこと考えながら料理してたら包丁で切った。)

わたを詰めて、口をとじます。木綿わたのふわふわ感がすごい!これははいちゃんも喜んでくれるはず!!

フラワースタンドの塗装が乾いたので、クッションを置くための底を作ります。
どうやって作ろうかと家の中をウロウロ。ひも?ロープ?なんかないかな〜。と探して見つけたのが、これ!

バイクの荷台用のゴムロープ!!

こういうものが探せば出てくるのが古民家のすごいところ。
ドラえもんの四次元ポケットみたいやね。

で、このゴムロープを巻きつけて、頑丈な底ができました。

ややきつめに巻くとしっかりする

あとはここにさっきのクッションをのせるだけ。

かわいい!!良い!!すごく良い!!

もうひとつフラワースタンドが余ったので、つなげて高さを出しました。

コック帽みたいになった。^^;
座り心地抜群!寝心地も抜群!(なはず、、)の猫用ベッドの完成です!
窓辺に置いたら気持ちいい居場所になるんじゃないかなぁ。

想いはまだまだ一方通行

さて、作ってみたはいいけれど、使ってもらえなければ意味がありません。
こないだの段ボールトンネルも、いまだにガン無視されてるし、、。
(トンネル作った時の記事はコチラ→https://daijyo-bu.com/cat-tunnel/

そのまま置いても警戒されるだけなので、ごはんで誘ってみることに。

うーん。恐る恐る手を伸ばす感じ。
一粒くわえては別の場所に持っていって食べるを繰り返しています。
めちゃめちゃ警戒してるねぇ、、。
時間はかかりそうだけど、少しづつ慣れてくれたらいいなぁ。
そのうちきっと、「ここはふわふわしてて気持ちいいにゃー」って気付いてくれることを信じます。

ついでに作ったネズミ風のおもちゃ。
こっちも今のところ、まったく興味ナッシングらしい。

はいちゃん

こんニャんで喜ぶと思ってんじゃねーよ!

手作りのプレゼントという名の、一方的な愛情の押し付けかもしれないね。
でも、やめられないのよ。作るのが好きなのよーー。
猫おばさんのチャレンジは続きます。笑

きみのや

あきらめへんで!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!管理人のきみのやです。
35歳で結婚後、夫婦で神戸・岡本でオーガニックカフェを11年間経営→現在51歳で田舎の古民家と街の二拠点生活をしています(夫婦+猫一匹)。他人の気持ちに敏感すぎて人付き合いが苦手、ずっと生きづらさを抱えていましたが、料理とモノづくりに救われて生きてきました。田舎暮らしの日常と、私なりの幸せに生きる方法を綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる