窓際の寒さが嘘みたいに消えた! 二重窓の超簡単DIY

二拠点暮らしの一方、神戸の賃貸マンションが寒いです。
そして結露とカビがやばいです(T . T)
築40年越えのレトロマンションは、 そこここに昭和の風情が漂っていて大好きだけど、 快適に暮らすには工夫が必要。

というわけで、寒さと結露とカビ対策に、二重窓とやらを作ってみたら、、、

嘘みたいに寒さが消えた!!(・Д・)

効果は絶大!!
あまりの効果に感動して、しばらくずっと窓のそばに佇んでいたぐらい!!笑

アルミサッシ窓の冷気と結露に悩んでるすべての人におすすめしたい! 
これは試してみる価値アリですよー!!

きみのや

全力でおすすめします!

目次

簡単二重窓のビフォーアフター

今回の現場はコチラ。まずはこれがビフォー。

見るからに寒そうでしょ。

マンション北側の通路(吹きっさらし)に面したガラス窓です。
これが室温との温度差で、だいたいいつも結露っておりました。サッシの桟に水がたまるぐらいに。
周辺の壁紙も触るとビッチョリ。
で、放置してしまうと、、、

あまりの汚さにモザイクかけてます(T . T)


壁一面に、カビ生えます!!!
壁紙だけじゃなくて、その土台のコンクリから真っ黒ですね。
換気が大事なのはわかっとるよ。わかっとるけど、いうてもここは北側の窓。
六甲山の山裾で、玄関通路に壁がない、吹きっさらしの北風直撃の窓。
なので通気口も閉めてしまいがちでした。
(ゴキ○○の侵入口になるのも嫌で、余計にあけとく気にならんかった)

で結果、結露がおきてカビ発生というわけです。
築年数の古い物件だと、断熱材ゼロな、コンクリートに直接壁紙貼っただけの構造なので、避けられない悩みといってしまえばそれまでなんだけど、、。にしても目にするたびめっちゃへこみます。
おまけに我が家には超超超超寒がり夫がいるおかげで、空気の入れ替えしようもんなら即「寒い!!!」と不機嫌な声が飛んでくる。大きな声では言えないけれど、それもひとつの原因な気がするー( ̄^ ̄)

さて、こんなにもひどい惨状だった北側窓ですが、今回二重窓を作ってみたら、

きみのや

なんということでしょうー、
こんなに暖かそうな雰囲気に生まれ変わりました!

簡単二重窓の作り方と断熱効果

下準備

今回わたしが作ったのは、プラダン(プラスチック段ボール)を使った二重窓。
窓全体を覆うとなるとサイズも大きくなって大変なので、下半分は木枠をつけて普通の段ボールを挟み込んで断熱することに。
昔ベランダで使っていた木材があったのをのこぎりで切って、窓枠に両面テープで取り付けます。
(賃貸なので、マスキングテープを貼ってから両面テープを貼ってますよ!)

段ボールを挟んだら、ウールの布で目隠しをして、(クリップで留めただけ)同じ木を横に渡してしっかり固定しておきました。 これで下準備はOK。

プラダンを使った二重窓の作り方

材料
 ・プラダン2枚
 (プラダンは安いけど紫外線で劣化するので、しっかり作りたい人にはポリカ製がおすすめです)
 ・ガラス戸用レール2本
 ・強力両面テープひとつ(木に強い粗面用がおすすめです)

 ・よく切れるカッター(工作用の頑丈なものならなお良い!)

①窓枠にレールを貼り付ける
マスキングテープの上から両面テープを貼って、窓枠の上下にレールを貼り付けます。

②プラダンをカットしてレールにはめる。
プラダンを窓枠に合わせてカッターでカットします。(縦は、窓枠の長さから8ミリぶん短くしてちょうどでした。)
左右の重なり部分は、鍵の開け閉めができる程度に、大体10センチぐらい余分にとっておきます。


レールにはめたら、はい、できあがり!!
簡単に二重窓がつきました!
ビス留めもなし、特別な工具もなし、工作感覚でできるぐらいに手軽な作り方、
しかも材料費が1,000円程度なので、失敗を恐れずできるのも良かったです!

二重窓の断熱効果

さて、肝心の断熱効果はというと、これが、まじで、びっくりするぐらいに、すごかった!!
冷気をほとんど感じないです。冷やーーっとした窓の冷気が激減。
これはもう感動レベルですよ、みなさん!!
二重窓にすると、間に空気層ができることで断熱効果があがるらしいです。
そしていつもなら朝にびっしりついていた結露がありませんでした!
これならカビの発生もマシになるかも。
やってみてほんっとによかったです☆

いままで寒すぎて台所に立つのが億劫だった。プラス、カビ掃除のたびに気分が滅入ってたのが、人並みの生活が送れるようになりました。

きみのや

すこしは夫にも優しくなれる。かもしれない。

二重窓の効果をたくさんの人に実感してほしい

一般的な住宅のガラス窓って、ほぼほぼアルミサッシのガラス窓ですよね。
特に築年数の経っている賃貸住宅はまずまちがいなくそうだと思います。
アルミは耐久性があって軽くて加工しやすいということでここまで普及したようなんだけど、
残念ながら断熱性はありません。
てか、むしろそのサッシから冷気が入ってくるって感じですしね。
だからといって窓を付け替えるのはどう考えても無理がある。

なので、二重窓をDIYするのが、一番確実で、安価で、効果が実感できる方法なんじゃないかな。
私はまずは北側の窓で試してみましたが、リビングに面した大きな掃き出し窓とか、玄関ドアの近くとかに作ってもかなり効果が感じられる気がします。

きみのや

気になる方は、ぜひ試してみてね!


ちなみに今回私が使ったプラダンですが、紫外線に当たると劣化して一年ぐらいでダメになるようです。
なので、北側の陽のあたらない窓に限り、お勧めします。
もししっかりと耐久性のあるものが作りたい人は、ちょっと材料費がかかるけどポリカーボネートの板を使ってください。それでもDIYなら相当お安く作れるはずなので!


もし、いつの日か、家を建てることがあったら、(夢見るのは自由だよ!)
もし、、いつの日か、マンション買ってリフォームすることがあったら、(夢だろうか、やっぱり、、)
絶対に二重窓にしたい!!
そしてこの、カビと格闘した思い出や、やっすいプラダンで二重窓をDIYしたことを、懐かしく思い出しながら、優雅に午後のお茶を楽しみたい(΄◉◞౪◟◉`)

当分そんな妄想を楽しもうと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる