夏バテは突然に。

梅雨が明けて、ほっとしたのも束の間で、
今度は夏バテの季節です。^^;
冷房つけて、オリンピック見てるだけなのに、
なにがそんなにバテるのか???

目次

目覚めの悪さ×夏バテ×低気圧

今朝起きたのは5時前でした。
しろいふわふわの生き物が、鳴いて徘徊する時間。
絶対起きない!餌もあげない!無視して寝る!!と、なんども夫と誓ったはずなのに、
鳴きやまないとついついちゅ〜るをあげてしまう、、。

はいちゃん

鳴いたら食べ物だしてくれるのだニャ!!

猫はぜったいそう思ってるでしょう。
そして明日も鳴くわけですね。終わらない、猫とのかけひき。

ここでそのまま起きてしまえばいいんだけれど、
今日は体が重たくて、なんか目も開かなくて、二度寝に突入しました。
んで二度寝から起きてからも体の重い感じは変わらず。
しかも頭がずーーんずーーんと音をたててゆれているようです。
二度寝したのがよくなかったのか、なんなのか、とにかくダルい、横になりたい。
ああ、また猫が鳴いてる。でも、もう、、、知らん!!寝る!!!

きみのや

こりゃー今日は使いもんにならねーな。

頭が痛い、体が重い、そして胃の調子も悪いの3拍子!
これって夏バテなのかもねぇ。連日の暑さと冷房が原因かも、、。

そんなこんなで一日中ソファーに寝っ転がって過ごしました。
頭痛のピークのあとには、突然黒い雲がでて雷が鳴りだしたので、低気圧も影響してたみたい。
温度変化にも、気圧の変化にも、敏感すぎるこの体、
きっと運動不足で筋力ないのもよくないんだろーなー。

夫は夫で、私は私

そういえば、最近始めたことがあります。
それは、食事のすべてを夫に合わせないこと!!
結婚以来16年、夫とはずーっと食事を共にしてきたわけだけど、
最近気づいたんです。
「夫と私の胃腸はまるで違う」ということに。(おせーよ!!)

夫は胃腸が丈夫なのか、お腹をこわすということがほとんどない。(結婚以来見たことないかも)
ラーメンが好き、餃子が好き、肉が好き、パスタが好きでチーズ好き、そしてビール大好き男。
ああ、忘れてた、カレーも大好きです。
和食は和食で好きだけど、たまにはパスタもカレーも食べたい、、みたいな感じ。

対して私は“超絶おなか弱々人間”
好きなものは、やわやわに煮たうどん。半熟たまご。和食全般です。
ラーメンも餃子も好きだけど、一定量を超えて食べるとすぐお腹をこわしてしまう、
大体調子が悪くなるのは、脂っこいものをたくさん食べた時。

なんだけど、、そんな私でも、口はそういった食べ物を欲するわけです。
だってねぇ、美味しいって知ってるもんね。だからついつい誘惑に負けて、夫と同じ食事をしてきました。
まあ、なにより同じもの食べないと、準備するのがのがめんどくさいってのもあったんだけど。

でも、この間ちょっと胃の調子が悪かった時に、私は私の食べたいものを食べようと思い立って、別メニューにしてみたら、
これがすごく楽だと気づいたのです。
胃腸も楽だし、気持ちも楽!!
夫婦だからって、なにもかも一緒にしなくてよかったんやなぁ。
違うもの食べたところで仲が悪くなるわけじゃなし、むしろいたわりあえて円満になりそうな気がします。

これは今日の晩ご飯。
夫はトマトソースパスタ、夏バテ中の私は焼き魚とネギ入り雑炊。

やっぱりお風呂って大事

ところで、夏バテになって1日寝ていて、ハッとしたことがありました。

きみのや

そういえば最近湯船に浸かってなかった!!

そう、暑い日が続いてたので、お風呂(薪風呂)を沸かすのが億劫で、シャワーですませてしまってたんです。
シャワーじゃリラックスできないんだよ、疲れはとれないんだよーー。
わかっていたはずなのに、さぼった途端に夏バテとは、、、。
やっぱりお風呂、大事です。

今日はしっかりお湯に浸かりました。
どんなに暑い日でも、お湯に浸かると体が冷えていることに気づくんですよね。
「はぁぁぁああ。 ゔぁぁああぁ。んんーーーーー。気持ちいい!!!」声がでるのを止められない気持ち良さ。
そして上を向いてお湯の中に顔までぜんぶ浸かります。浸かったら自然と体が浮き上がります。
こうすると、水の中の音が聞こえて、まるで水に包まれてるみたいになってふわふわした気持ち良さを味わえるんです。
お母さんのお腹にいたときを思い出すのか、なんだかとっても安心感。
いい歳して子供みたいなことしてますが、これが私のお風呂の楽しみ、というわけです。笑

お風呂にゆっくり浸かったら、あとは早寝にかぎります。
ただいまの時刻、21時45分。それではみなさま、おやすみなさーい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!管理人のきみのやです。
35歳で結婚後、夫婦で神戸・岡本でオーガニックカフェを11年間経営→現在51歳で田舎の古民家と街の二拠点生活をしています(夫婦+猫一匹)。他人の気持ちに敏感すぎて人付き合いが苦手、ずっと生きづらさを抱えていましたが、料理とモノづくりに救われて生きてきました。田舎暮らしの日常と、私なりの幸せに生きる方法を綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる