ホタルイカは下処理すれば美味しさ倍増、ひと手間かけることで小料理屋の味に!

おうちごはんと酒のアテ
スポンサーリンク

 

春が近づいてくると、スーパーに並ぶホタルイカ!

店頭ではボイルされたものが売られていて、

手軽に食べられるのが嬉しいですね!

このホタルイカ、そのままでも十分美味しいのですが、

下処理をすることで、さらに美味しくなることをご存知ですか?

ちょっとしたひと手間で、

小料理屋さんのような、

とびっきりの一品に仕上げましょうー☆

きみのや
きみのや

簡単なのでぜひやってみてくださいね!

ホタルイカの旬・産地

ホタルイカが漁れるのは、2月中旬〜5月ごろの間ですが、

その時期は産地によって変わってきます。

わたしが住んでいる関西では、まず2月中旬に小ぶりなサイズの兵庫産のものが、

3月に入ると富山産の大きなものが並びます。

どちらも味に遜色はないのですが、

富山産は産卵期に捕獲されるメスばかりなので、まるまると太っているのが特徴。

ぷりっとした身ととろっと甘いワタが特別な美味しさで、ちょっと贅沢な高級品のイメージですね。

値段は1パックあたり200円ほど高めになります。

ホタルイカ(ボイル)の下処理の方法

スーパーで販売されるホタルイカは、ほとんどがボイルされています。

そのためこのままでも食べることができますが、

より美味しく食べるために、下処理をすることをオススメします。

アップで見ると、大きな目がついてるのがわかりますね。

下処理ではこの目と、くちばし、軟骨を取り除きます。

ホタルイカの下処理① 目をとる

まず、目を取ります。

手でも簡単に取ることができますが、苦手な人はピンセットを使ってください。

ホタルイカの下処理② くちばしを取る

次にひっくり返して足の奥にある口を取ります。

手でもつまめますが、苦手な人はピンセットで。

ホタルイカの下処理③ 軟骨をとる

最後は軟骨です、

ホタルイカの頭の部分のエンペラの中心あたりを爪で引っ張るか、爪楊枝ですくうようにすると、

軟骨が出てきます。

これを引き抜きます。

どの処理も、したとしないとでは食べた時の口触りが違ってきます。

目にもクチバシにもこりっとした硬い部分がありますし、

軟骨も口に残ります。

地味な作業ですが、この下処理をしておけば、

小料理屋さんで食べるような美味しいほたるいかを楽しめますよ。

わたしは一気に下処理してタッパーに入れておき、

違う料理で二日ほど楽しみます。

ホタルイカの酢味噌和えは、お酒がすすむ春のごちそう!

旬のホタルイカを食べるには、まずは定番の酢味噌和えが最高ですね。

簡単でお酒にぴったりの、気の利いたアテ、ぜひ作ってみてください!

『ホタルイカとわかめの酢味噌あえ』

作り方

  1. ホタルイカ(ボイル)…上記のように、下処理しておく
  2. わかめ…食べやすく切っておく(他にわけぎや菜の花をゆでたものを添えると豪華になります)
  3. 白味噌…大さじ2、純米酢…大さじ1、砂糖…大さじ1を合わせて酢味噌を作り、ホタルイカにかける。(別添えにしてもOK)

※味噌の甘さによって、砂糖の量は調整してください。

※なめらかな酢味噌にしたい場合は、出汁を少し加えてください。

※練り辛子を少し混ぜると、ピリッと辛味のきいた辛子酢味噌になります。

 

ホタルイカは、下処理さえしておけば、酢味噌でも、サラダでも、

バター炒めでも、パスタの具としても、手軽に料理に使えてとっても便利です。

 

春の到来を教えてくれる旬のホタルイカで、ぜひ美味しい一品を作ってください。

きみのや
きみのや

お酒の用意も忘れずにね

 

コメント