猫の抜け毛対策で、HARIOのペットブラシを使ってみたら最高でした

猫のはいちゃんの抜け毛がすごいです。
歩いたあとには毛、座ったあとにも毛、わたしの服も、白い毛だらけ、、。
ということで、ブラッシングデビューすることにしました!

はいちゃん

やっと気づいたんだニャ!!

目次

猫に優しいゴム製ペットブラシ、HARIOのGRUTTE(グルッテ)

さて、はいちゃんのブラッシング用に、私が選んだブラシはこちら。

HARIOのペットブラシ・GRUTTE(グルッテ)のソフトタイプです!


HARIOといえば、ガラスの調理器具のイメージが強いので、ペット用品も作っているとは知りませんでした。
我が家ではティーポットと炊飯窯がHARIO製。なので馴染みがあるし、安心感があります。
HARIOが作ってる商品なら、きっといい商品だ!!みたいな。
で、実際に購入して使ってみたら、これがやっぱり期待を裏切らない機能的な商品でした。

HARIOのペットブラシGRUTTE(グルッテ)の特徴

このブラシはブラシ側がシリコーンゴムでできています。
ソフトタイプは猫やうさぎ、ブラッシングに慣れていないペット用ハードタイプは犬などの毛の硬い動物用だそう。
このイボイボは見た目はとがってるけど、とても柔らかいので触ってもまったく痛くありません。
毛並みに沿ってブラッシングすると、ゴムに抜け毛が集まります。

では早速、半ば強引に膝に乗せたはいちゃんをブラッシングしていきます。

軽く撫でてみたらすぐに毛があつまってきたーーー。

そしてなんと、こんなに取れました。

背中だけでこの量です。笑
こういうのって、記念にとっておきたくなるわぁ、、。
シリコーンゴムの威力、なかなかすごいですね。

そしてこの猫の手みたいな形状にも意味があります。
先端の細くなっているところを使うと顔周りや頭のブラッシングがしやすいのと、
手にフィットして持ちやすいです。こういう細部の機能性が、さすがHARIO!と思いますね〜。

また反対側のスポンジの方を使うと、カーペットやソファについた毛を絡めて集めることができます。

こんな風にひっついてしまった抜け毛の上を軽くこすると、、、

束になって集まるってわけですね。
これは掃除にも使えて一石二鳥! 汚れたら丸洗いもできます。

ちなみに、、とっても機能的で使いやすいブラシですが、一点だけ使い方にコツがあります。
かきあつめた抜け毛は静電気が発生するとふわふわとそこらじゅうに舞ってしまいます。
服も、ソファーも毛だらけになり、後で取るのが大変!
そこで、
静電気を抑えるためにすこし濡らして使うか、
ブラッシングした先に手を置いて、ブラシと手で取れた毛を挟み取るようにしてください。

そのままブラシをわーーーーっとかけちゃうと、無限に毛が飛び散ります。
そこだけは慎重にやってみることをお勧めします。(^^;

初めはイヤイヤ、そのうちウットリ

元野良猫のはいちゃんはブラッシング自体されたことがないので、
初めはすぐに嫌がって逃げ出してました。
私も猫にブラッシングするなんて初めてで加減がわからなかったりして。
それが何度かチャレンジするうちに、急に気持ち良さに気づいたみたいで、、、

喉をゴロゴロ鳴らしながら、身を任せるようになってくれた!
今までは布でくるんでないと抱っこできなかったのにーーー、
喜びに打ち震える猫おばさんです。

きみのや

ブラシのおかげ!!

鼻水垂れても美猫です

ブラッシングした結果、毛並みがつやつやになって、手触りもつるつるになって、
ちょっとすっきりした気がします。
それにしても美猫すぎない?
鼻水がキラキラしてるのも、むしろチャームポイントと思えるよ。
世の親が親バカになる気持ちが、51歳にしてようやく理解できてきた、猫おばさんでした。

はいちゃん

わかったから、鼻水ふいてくれ!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!管理人のきみのやです。
35歳で結婚後、夫婦で神戸・岡本でオーガニックカフェを11年間経営→現在51歳で田舎の古民家と街の二拠点生活をしています(夫婦+猫一匹)。他人の気持ちに敏感すぎて人付き合いが苦手、ずっと生きづらさを抱えていましたが、料理とモノづくりに救われて生きてきました。田舎暮らしの日常と、私なりの幸せに生きる方法を綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる