【定番のおかず】クセになる美味しさ!芋つるのきんぴら炒め。

料理

芋つる=さつまいもの伸びたつるのことです。

 

里山古民家暮らし、家庭菜園初心者のわたしが今年初めてやってみたこと、

それは、サツマイモを植えることでした。

神戸との二拠点生活でもなんとかできそうな、

ほったらかしでも育ちそうな野菜=さつまいも。

6月ごろにつるを植えて、10月の収穫を待ちます。

一旦土に活着すれば、あとはぐんぐん成長してくれて、

つるがたくさん出てきます。

地面を這うように伸びて広がったつるを間引いてとったものが、いわゆる芋つるです。

道の駅や直売所では、このつるを束ねたものが売ってたりします。

f:id:daijyo-bu:20201003142812j:plain

 

いもつるの下処理

芋つるはそのままでは料理に使うことができません。

つるの皮を剥いて、中身を使います。

そのむき方は、、、

f:id:daijyo-bu:20201003143000j:plain

こんな感じ!

生のままでつるをポキンと折れば、そこからスーッと皮がむけます。

これがチョー気持ちいい!!!

一回できれいにむけなくても、食べやすい長さにポキンポキンと折りながらむいていくので、飽きません。(むしろ楽しい)

 

f:id:daijyo-bu:20201003143320j:plain

こんな風に下ごしらえができました!

では作っていきますよー!!

 

今日のレシピはこちら!

 『クセになる美味しさ!芋つるのきんぴら炒め』

f:id:daijyo-bu:20201003143443j:plain

材料(4人前)

芋つる(下処理したもの)・・・ざる一杯

ごま油・・・大さじ1

出汁・・・大さじ3(顆粒だしを水でといたのでもいいよ)

みりん・・・大さじ1

醤油・・・大さじ1弱

ごま・・・少々

一味か七味か唐辛子・・・お好みで少々

 

 作り方

①フライパンにごま油を熱し、芋つるを炒めます。

②調味料を加えて、出汁の蒸気で熱を通し、あとはその水分を飛ばすように炒めます。

③ごまを加えてできあがり。

※唐辛子は好みで加えてください。

※味付けはめんつゆでもいいですよ!

 

 

芋つるの特徴は、しゃきしゃきとした歯応えと若干酸味を感じる爽やかな味。

ちょっと炒めすぎたかなーと思ってもこの歯応えが残ってくれるので、

とっても作りやすいと思います。

酒のつまみにもサイコー!

ごはんのおかずにもサイコー!

一度食べたら病みつきですよ!

ぜひ売ってるのを見つけたらチャレンジしてみてくださいね^ – ^

 

注意点!

芋つるの皮をむくと、指がこうなります。

f:id:daijyo-bu:20201003144636j:plain

野菜のアクってやつで真っ黒です。(T . T)

気になる人は薄手のゴム手袋をつけるのを忘れずに〜。

 

お読みいただきありがとうございました٩( ᐛ )و

コメント

タイトルとURLをコピーしました